逆援助詐欺の実態を暴露します

私は詐欺系出会い系サイトのサクラとして勤務していました

非常に恥ずかしい話ではあるのですが、数年前に詐欺系出会い系サイトでサクラの仕事をしていました。
勤務地は新宿の大久保です。あそこはサクラの会社が沢山ありました。会社名は旧マテリアル、サイバーインクルーズと言うところです。
自社ビルを持っていて結構大きな会社でしたので、知っている方も多いのではないでしょうか?

 

逆援助詐欺のメールを送る日々

出会い系のサクラをやった理由は給料の高さです。時給は1200円でしたが、そこに歩合なんかが乗って毎月50万円以上の給料をもらっていました。
しかも税金も深刻していない会社でしたので、手取りが50万円以上と言う事になります。アホでも出来る仕事でここまで高収入なものはなかなかないでしょう。
大久保の会社に毎日の様に通ってサクラメールを送り続けていたのです。

 

その中でも逆援助詐欺はメインでやっていました。世の中にはアホが多くて逆援助詐欺のメールが一番食い付きが良いんですよね。一斉送信で業者から購入したアドレスにメールを送るだけかなりの返信がある事に驚いてしまいました。
以下が逆援助詐欺のメールの主な内容です。

 

「私は医者です。毎日仕事で癒してくれる人を探しています。貴方のために200万円用意しています。」

 

「会社経営、26歳。男勝りの性格で本心を話せる人がいません。」

 

「親からの遺産を行け継いだ21歳の大学生です。すごくブサイクで誰にも相手にされません。私にセックスを教えてくれませんか?」

 

こんな感じのメールを大量に送る訳です。

 

賢明な人なら理解して頂けると思いますが、世の中こんなに甘い話はありません。
これらは全てサイト内でやり取りをしてポイントを使わせるための嘘のメールです。立派な詐欺行為です。
しかし、それでも逆援助が存在していると信じて沢山のポイントを使ってやり取りをしてくれる人がいるんです…

 

最高利用金額

こんな幼稚なメールに騙される人間がいるのか…?そう思われる人がいても不思議ではないと思います。
しかし現実にはかなりの人数の人が逆援助詐欺に引っかかってしまっているのです。

 

私が知っている中での最高金額は一カ月に200万円、半年で1200万円以上使った50代の男性です。
絶対に会う事が出来ない、逆援助なんて受ける事が出来ないのにここまでの金額を使ってしまうのです。

 

私が勤務していた悪質サイトの利用料金は
メールを開くだけで200円
メールの返信をすると200円

 

と言う非常に高額な設定になっていましたので、1日中メールをしているとそれくらいの金額になっても何ら不思議はないのではないかと思います。
ここまでの金額の人は稀ですが、月に30万円以上使ういわゆる「vip」と言われる人達は結構な人数でいました。

 

嘘の話だと思う人もいると思いますが、これは現実にあった話なのです。

 

逆援助詐欺に騙される人の特徴

逆援助の詐欺に騙される人には特徴がありました。あんなに稚拙な内容ですから、まともな人は騙されないものです。
以下が私が感じた詐欺に引っ掛かる人の特徴です。

 

40代〜60代

若い人はネット環境に慣れている人が多いですから、逆援助に関する情報をちゃんと調べています。
40代以上の人は世間知らずの人が多くて簡単に騙されるケースが非常に多かったです。
バブル期に就職して何の努力もしないでも生活する事が出来たので、生きる力が少ないのではないかと思ってしまいます。

 

友達がいない人

逆援助の話に食い付い来る人の多くが友達がすくなかったと思います。
いつメールしても一人である事が多くて、会社でも人望がない人だったのではないかと思います。
話をする友達がいない寂しさから詐欺だとうすうす気がついていてもメールの返信をしてしまっているのではないかと思います。
友達がいれば逆援助詐欺である事を指摘してもらえたのではないかと思うのですが…

 

地方出身者

私が勤務していた出会い系サイトは全国のお客さんを相手にしていたのですが、東京都内の人で引っかかる人は少なかったと思います。
圧倒的に地方、特に大阪、兵庫、京都が多かったと思います。
あの辺りは頭のおかしい人間が多いでしょうから、仕方のない事だと思いますが、それにしても関西地方の人が多かったのはよく覚えています。

 

こんな感じで逆援助詐欺は実際に存在しています。
今では私の勤めていた会社は解散して姉妹ましたが、今でも詐欺行為を繰り返している集団は存在しているはずです。
一回の逆援助で数百万円もらえるなんて事はないですから、騙さない様にしてください!
逆援助の真相サイトに詳しく掲載されていますので興味のある人は続けて確認してみてください。